本文へ移動

塗装の種類について

塗装の種類

無垢テーブルの高級感や存在感は、他に右に出るものはいないといっても過言ではありません。
同時にその良さを保つため、職人による幾つかの工程を経て皆様のお手元に届きます。
無垢そのままでご使用になることは、シミやキズ、腐食の原因となりますので、ダイニングテーブルやカウンターなど水回りに使用されるものの殆どは塗装を施し、安心してお使いになれることが大切です。一枚板をご検討のお客様は、合わせて表面塗装の種類もご検討ください。
塗装の種類には2タイプがあります。
当社でお取り扱いしているのは、オイル塗装・ウレタン塗装の2タイプです。
それぞれに特徴・メリット・デメリットがありますので、簡単にご案内いたします。
ご不明な点は、お気兼ねなくご相談ください。

オイル塗装


木の表面に膜をつくり、エゴマ油が木の中へ浸透することで、撥水効果を長持ちさせながら、木の保護をします(木材の防水、防汚、保護)
原料 / エゴマ油(国内生産)・蜜ロウ(国産 無漂白)

メリット
・塗布後も、無垢本来の質感を感じられます
・100%天然素材で体に優しい
・ちょっとしたシミならサンドペーパーをかけ、オイルを塗布すると消えるので、自分でのお手入れが可能です
・小さな傷なら少量の水をたらし、アイロンを当てることで膨張し、目立ちにくくなります
 (ウレタン塗装には、アイロンは不可)

デメリット
・撥水効果はあるが、コップの結露や水分を放置すると水シミになります(すぐにふき取ればOK)
・使用頻度が高い場合、3ヶ月に一度塗り直しが必要です(乾燥に半日から一日以上かかります)

ウレタン塗装

ウレタン塗料は、下塗り・中塗り・上塗りと3つの工程に分かれ防水性・防汚性に優れています

メリット
・水分に強く、汚れが付きにくい
・10年位はメンテナンスが不要(使用状況により異なります)

デメリット
・メンテナンスは購入業者、専門業者に依頼して行う(自分でのメンテナンスはできません)
・多少の艶がでる(「艶消し」のものもあり、以前のものより光沢を少なくすることができます
TOPへ戻る