本文へ移動

経年変化を楽しむ

経年変化って何?

一枚板において、「経年変化」という言葉はその商品の特徴の一つとしてよく目にします。
経年変化とは、本来「①年月が経つうちに製品の品質・性能が変化すること」「②特に摩耗・腐食などで性能が劣化すること」などのことを意味します。

一枚板の場合の「経年変化」は、主に色の変化を意味し、天然物の味わいとして変化そのものを楽しみます。
無垢材は、その木が育った環境・樹種ごとの性質・部位・個体差など様々な要因により、木目や色は千差万別です。
下記に主な色味の変化をご紹介しておりますが、あくまでも代表例としてご理解いただきご参考ください。

経年変化の様子         

材 種
変化前
変化後
ブラックウォールナット
茶褐色・黒褐色・赤褐色
⇒ 明るく変化
アメリカンブラックチェリー
薄い茶色・サーモンピンク
⇒ 琥珀色に変化し深みを増す
ウォールナット
薄く青みがかったダークブラウン
⇒ 明るく、鮮やかな赤茶色
  優しい雰囲気に
チーク
シミのような模様や黒いスジ
薄く黄みがかった茶色
⇒ 色ムラが穏やかになり、シミやスジが薄れる
⇒ 茶褐色・赤褐色
オーク
茶褐色・赤褐色
⇒ うっすら黄みを帯び、明るく変化
メープル
全体的に白く、うっすら柔らかな木目あり
⇒ 黄色みを帯びあめ色に変化

経年変化する理由

紫外線

経年変化の理由は様々ですが、中でも代表的なものは「紫外線」です。木材の中にごく僅かに含まれるポリフェノールやアミノ酸・ステロイドなどの抽出成分が光を吸収し分解することで、色合いが変化しています。

天然物の経年変化は、人工物と違い「味わい」や「風格」、「重厚感」と感じる方が多いのですが、購入時の色合いを残したいとご希望のお客様には「セラウッド塗装」をご用意しております。
UVカット効果のあるセラウッド塗装で紫外線をカットし、色の変化を抑えることが可能です。ご興味のある方は、是非弊社までお問い合わせください。
TOPへ戻る